So-net無料ブログ作成
検索選択

樹木 森 ひと [(本)Livre]

人は 死んだその場に魂を残す そしてその「場の精霊」となるのだ
ーフィンランドの古くからの伝承ー
フィンランド・森の精霊と旅をする より引用)

wp_small_20090605_5.jpg

3888628796_7cb74876e2.jpg
随分前に「金枝篇」を読破したけど樹木を崇拝するってなんか自然な気がして
わかるなぁーと思った。
「金枝篇」は恐ろしく読むのが大変で同じようなことの繰り返し∞繰り返し∞
呪文みたいな本だった;…けど結構インプットされている部分が多いと気づく今日この頃。
本を読んでもその場感動したり覚えてたりするくせに、時間が経つと忘れてしまう私;
本質的な部分はきっと理解できていないだろうけど読んだ甲斐があったってもんだ。

さて本題。だいぶ前に買って読んで感動して涙まで流した本。
「フィンランド・森の精霊と旅をする 」
昨日西荻散策を一緒に楽しんだoikoちゃんに途中立ち寄った本屋さんで
お進めしたら、すごく気に入ってくれて即購入してくれたのだ。
木や森に対する考え方や感じ方が似ていたのでなんだかすごく嬉しかった。
NHKの番組が元になっている。
なんとDVDも出ていたのだ。近々購入せねば。

私も今日、通勤のお供にこの本を持参。再読。
最初に書店で表紙を見たときには北欧ブームや細分化されすぎた
旅の本かと思っていたけど立ち読みして即購入した。
私にとって素晴らしい本なのだ。出会えて良かった。

フィンランド・森の精霊と旅をする - Tree People (トゥリー・ピープル) -

フィンランド・森の精霊と旅をする -
Tree People (トゥリー・ピープル) -


コメント(6) 
共通テーマ:アート

コメント 6

コメントの受付は締め切りました
AWFUL

深遠な森の写真、本当に精霊いそうな気が。
今日は暑いので、ナノEなしでマイナスイオン浴び放題の、
こんな森に思いを馳せてしまいます。
by AWFUL (2010-05-04 16:27) 

mistletoe

* AWFUL さん* こんにちは♪
マイナスイオンばりばりって感じよね!
うねってるもの。
一枚目はナショジオのもってけ画像です。
二枚目はフィンランドのどっかから(汗)
秋になったらチキチキ拾いに行こうね!
(あ…やりかたわからぬままTwitterでつぶやいてみた)
by mistletoe (2010-05-04 16:47) 

すうちい

深山を歩いていた若い頃、私が木に感じたのは崇拝よりも畏怖でした。
なんだろう、生命力の強さのせいかな。
最近はロープウェイで登っちゃうのであまり感じず。^^ゞ
by すうちい (2010-05-04 17:53) 

nunc nunc

とても興味を持ちました。読んでみたいと思います!!

トナカイに興味があってラップランドの本を読んだことがありますが、
ここ数年の北欧ブームで意識が遠のいていました。

森や樹木のそばでちゃんと大気を感じ取れる
生き物でいたいです♪
by nunc nunc (2010-05-04 17:55) 

れいこ

引用されていることば、美しい樹木の写真と相まって、心に深く染み入りました。私も死んだその後は「場の精霊」になれるといいなあ…。
「フィンランド・森の精霊と旅をする 」、読んでみたくなりました。
by れいこ (2010-05-04 18:30) 

mistletoe

*すうちいさん* こんばんは☆
埴谷雄高の短編に畏怖を感じる素晴らしい短編が。
実はそこからも引用しようと思ったら本が…
本が見つからないのーーーーであります。
ワタシもロープウェイ↑で帰りは歩き↓です。
ちなみに高尾山レベルで……

*nunc nuncさん* こんばんは☆
絶対読んでーーーー!
何故かというと熊さんのお話が出てくるの。
それがまたすんばらしい話で。
「蜜のついた手」、「森のおじさん」って呼ばないと
仲良く出来ないらしい。森の王様。

*れいこさん* こんばんは☆
ワタシも大切な人がいなくなってしまっても
自分がいなくなってしまっても場の霊になりたいと
思いました。怖い霊ではなくエーテル的な。
れいこさんもお好きな世界だと思います!
自信を持ってお勧めの本です。えっへん。


by mistletoe (2010-05-04 21:21) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。