So-net無料ブログ作成
検索選択

Ephemera 紙モノ座談会 その二 [紙もの座談会 Ephemera]

紙モノ座談会の続きでございまする。

↓コチラはSTERN製作のレストランのショップカード
STERN.jpg

Ephemeraという言葉がどこまでの範囲なのか。
そう難しく考える必要もないのだけど……
欧米はわざわざPaper Ephemeraという風に紙とつける。
つまりエフェメラは紙だけを指す言葉ではないのだね。

前回の記事に書いたように露井くんが調べてくれた語源に従うと
物だけを指さずに”流行”という流れが元になってる。

イメージだと紙以外は布見本や端切れ…。

紙でも本という形になっているものは別で”古書”となり頁がバラになり
本としての意味がなくなった場合エフェメラとなる?

昔の洋書は本文を購入し、それを製本屋に持って行き製本してもらって
一冊の本となった。この時代の書籍のバラの頁、博物画や美しい写本など
ビジュアルに優れる本文は一枚でも高値になる。
…果たしてこれはエフェメラなのか?
中には儚きものもあるかもしれないけどかなり歴史的価値があると思うと
ちょっと当てはまらないような?
…というのは最近、骨董市でボタニカルアートなどのいわゆる版画やプリントの
専門店の”エフェメラ”という宣伝文句を見かけるから気になりだした。
でもこういった紙モノも含めても良いのかも。
この美しい言葉自体に魅力があるしね。

…というような話題も紙モノ座談会で取り上げられました。

貧乏だったため、プチミュゼさんにお取り置きして頂いており、
とても待ち遠しかったSTERNの逸品をこの日に受け取りました!
これは書籍になるのでエフェメラとは違うかもしれないけど、
お店用の記録見本だったわけで普通に販売されていたわけではない。
そういった意味では普通の古書とはまた意味合いが違ってくる…。

STREN製の尼僧のためのマナーブック。
(聖書か祈祷書だと思っていたらアメリカの造本家の方に尼僧のマナーブックと教えていただきました)
seisho1.jpg

スペイン系の方が依頼者だったと思われる。
装丁デザイン、使われている用紙(羊皮紙かな?)、見返しの布張り、
スピンはスペイン色、表紙の角の処理は斜めにカット…。
包み紙までいちいち美しい。
これは本づくりに携わっている人間には、恐ろしく手の込んだ作業だと
感動してしまうはず。

seisho2.jpg

↓裏表紙と包み紙
seisho5.jpg

seisho4.jpg

残念なのは一般に販売された書籍ではないので発行年月日が無い!
STERNの長い歴史の中、いつ製作されたのか…。

紙モノ座談会その三に続きます♪


トラックバック(2) 
共通テーマ:アート

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。