So-net無料ブログ作成
検索選択

きのこの標本 その1 [(驚異の部屋)Wunderkammer]

本物のきのこを美しい標本にするのは難しく、きのこを採取するたびに「どうにかならないものかしら?」と長年悩んでいた。
その解決策が見つからず粘土できのこオブジェを作り出したわけだけど…最近やっと標本作りに良さそうな方法を見つけて実験してみた。


ウグイスハツとクサイロアカネタケのルスラ系はあまり肉質も色も変わらず良い感じに。
完全に乾燥した状態↓
image99.jpg
乾燥前のお姿。
IMGP0580.JPG
IMGP0587.JPG

フクロツルタケは茶色に変色し肉質も痩せてしまい残念な結果に。
image(3).jpg

乾燥前のお姿。
image.jpg

このきのこたちをこれからスタンドに仕立てたいと思っているのでまた後日出来上がりをアップ予定。

イグチ類やムラサキシメジなんかがどうなるかまた実験したい。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。